洋画

キャッシュトラックのあらすじ・口コミまとめ!

2003年に制作されたフランス映画「ブルー・レクイエム」をリメイクしたクライムアクション映画「キャッシュトラック」が2021年に劇場公開されることが分かりました。

「トランスポーター」や「ワイルドスピード」で人気となったジェイソン・ステイサムと「アラジン」「シャーロックホームズ」のガイ・リッチー監督が16年ぶりにタッグを組んだことで話題となっている本作。ゴールデン・コンビの復活に多くのファンが注目しています。

今回、2021年に公開予定の「キャッシュトラック」について、

・あらすじやストーリー内容は?

・キャストやスタッフ、主題歌は?

・世間の口コミは?

など、気になる部分も多いですよね。

そこで、キャッシュトラックのあらすじ・口コミ、映画公開日についての情報をまとめてみました。

キャッシュトラックのあらすじ・ストーリー

現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社は、厳しい訓練を重ねた強者揃いの警備会社。そこに雇われた新入社員パトリック・ヒル。

通称“H”と呼ばれる彼は、厳しい採用試験にぎりぎりのラインで合格しており、同僚からも特に注目されていませんでした。

しかし、Hが乗った現金輸送車が襲われたとき、彼は高い戦闘技術で阻止することに成功。別の日には、彼の乗るトラックを襲った強盗たちがHの顔を見ただけで逃げ出してしまいます。

Hは一体何者なのか?疑惑が深まっていく中、全米で最も現金が動く日“ブラックフライデー”に、フォルティコ・セキュリティ社に集まる1億8000万ドルの大金を狙う強奪計画が進行していました。

そして、予告動画も公開されています。

表情を変えることなく、すばらしいアクションを見せるのがステイサムのかっこいいところですね。予告だけでも、彼の魅力が存分に楽しめる作品になっていることが分かります。

ポスターにもあるように、主人公Hは英雄なのでしょうか。それとも悪党なのでしょうか。結末が気になります。

今後の続報も随時追記したいと思います。

キャスト・スタッフ・主題歌

(2021/08/29現在)の公式サイトの情報を元にまとめています。

こちらは情報が公開され次第追記していきたいと思います。

キャスト

パトリック・”H”・ヒル / ハーグレイヴス:ジェイソン・ステイサム

バレット:ホルト・マッキャラニー

ジャクソン:ジェフリー・ドノヴァン

スタッフ

【原作】:ニコラス・ブークリーフ『ブルー・レクイエム』

【監督】:ガイ・リッチー

【脚本】:ガイ・リッチー アイバン・アトキンソン マーン・デイビス

【配給】:クロックワークス

主題歌

不明

主演を務めるのは、ジェイソン・ステイサムさん。「トランスポーター」や「ワイルド・スピード」シリーズで、一躍人気アクションスターへとなりました。本作でも、息をのむアクションを披露しているようです。

他にも、ホルト・マッキャラニー、ジェフリー・ドノヴァン、スコット・イーストウッドなど豪華なキャストが出演しているようです。

そして、監督はガイ・リッチーさん。「アラジン」や「シャーロック・ホームズ」の監督を務めたことがあり、ステイサムさんとは2005年に公開された「リボルバー」以来、16年ぶりにタッグを組むことになります。

主題歌については不明です。

主題歌の情報についても、発表され次第追記したいと思います。

キャッシュトラックの口コミまとめ!

キャッシュトラックの口コミをまとめてみました。

劇場公開は2021年の予定ですが、既に公開前から楽しみな声が続々と集まっています。

まだ、情報は少ないのですが、ステイサムさんのアクションを楽しみにしているファンが多いようです。激しいアクションも無表情でこなしていく姿は、かっこいいの一言に尽きます。

是非とも映画館で迫力あるアクションとスピーディーな展開を楽しみたいと思わせる作品です。

まとめ

今回は、キャッシュトラックのあらすじ・口コミについて調べてみました。

最後に主な気になる部分をまとめてみると、

・主人公Hは、現金輸送専門の警備会社に勤める謎多き男。

・主演はジェイソン・ステイサム。

・監督はガイ・リッチー。

・2004年の制作のフランス映画「ブルー・レクイエム」が原作。

以上となります。

今後さらに情報が解禁され次第追記したいと思います!

また、ガイ・リッチーが監督を務め、世界中で大ヒットした映画「アラジン」を無料で視聴する方法も紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。