洋画

TOVE/トーベのあらすじ・口コミまとめ!

世界中で愛されている「ムーミン」の原作者であるトーベ・ヤンソンの生涯を映画化した「TOVE/トーベ」が2021年に劇場公開されることが分かりました。

フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが生み出したキャラクター「ムーミン」。1945年に小説が発表されると瞬く間に人気になり、現在も小説や絵本、映画など数多くの作品が世界中で発表されています。本作もフィンランドで公開されると高く評価され、第93回アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表に選出されるなど数多くの賞に輝いています。

今回、2021年に公開予定の「TOVE/トーベ」について、

・あらすじやストーリー内容は?

・キャストやスタッフ、主題歌は?

・世間の口コミは?

など、気になる部分も多いですよね。

そこで、TOVE/トーベのあらすじ・口コミ、映画公開日についての情報をまとめてみました。

TOVE/トーベのあらすじ・ストーリー

第二次世界大戦下のフィンランド・ヘルシンキ。激しい戦火の中、画家トーベ・ヤンソンは自分を慰めるように、不思議な「ムーミントロール」の物語を描き始める。

やがて戦争が終わると、彼女は爆撃でほとんど廃墟と化したアトリエを借り、本業である絵画制作に打ち込んでいくのだが、著名な彫刻家でもある厳格な父との軋轢、保守的な美術界との葛藤の中で満たされない日々を送っていた。それでも、若き芸術家たちとの目まぐるしいパーティーや恋愛、様々な経験を経て、自由を渇望するトーベの強い思いはムーミンの物語とともに大きく膨らんでゆく。

そんな中、彼女は舞台演出家のヴィヴィカ・バンドラーと出会い激しい恋に落ちる。それはムーミンの物語、そしてトーベ自身の運命の歯車が大きく動き始めた瞬間だった。

子どもから大人まで幅広い層にファンを持つ「ムーミン」。優しい物語でありながらも、登場人物たちの台詞や行動は、読者に強く突き刺さり、人生訓として語られることもあります。

「ムーミン」は知っていても、作者であるトーベ・ヤンソンについて知っている人は少ないかもしれません。人気キャラクターたちは、どのような経緯で生み出されたのでしょうか。

本作では、「ムーミン」の原作者である、フィンランドの作家トーベ・ヤンソの生き方や創作への情熱を描いています。

また、トーベと交流を深める友人や恋人たちは、のちに「ムーミン」のキャラクターのモデルになっており、彼らの振る舞いを通して「ムーミン」をより深く知ることができるかもしれませんね。

そして、予告動画も公開されています。

戦争により自分を取り巻く環境が変化していく中で、トーベ・ヤンソン自身が悩み、どのようにして信念を貫いたのかを感じることができるだけでなく、心に響く台詞も多く登場します。

作品の途中に登場する「ムーミン」たちのイラストや影絵、お芝居などもあり、ファンにとっては楽しい作品となっています。

今後の続報も随時追記したいと思います。

キャスト・スタッフ・主題歌

(2021/08/29現在)の公式サイトの情報を元にまとめています。

こちらは情報が公開され次第追記していきたいと思います。

キャスト

トーベ・ヤンソン:アルマ・ポウスティ

アトス・ヴィルタネン:シャンティ・ローニー

ヴィヴィカ・バンドラー:クリスタ・コソネン

スタッフ

【監督】:ザイダ・バリルート

【脚本】:エーヴァ・プトロ

【音楽】:マッティ・バイ

【配給】:クロックワークス

主題歌

不明

主人公・トーベを演じるアルマ・ポウスティさんは、フィンランドやスウェーデンの舞台で幅広く活躍されている新進気鋭の女優です。本作以外にも舞台でトーベ・ヤンソンを演じた経験もあるそうです。

監督はフィンランド人のザイダ・バリルートさん。本作が映画監督として5作目の作品となります。観客に、トーベをもっと身近に感じてもらえるようにと願って本作を作ったのだそうです。

主題歌については不明です。

主題歌の情報についても、発表され次第追記したいと思います。

TOVE/トーベの口コミまとめ!

TOVE/トーベの口コミをまとめてみました。

劇場公開は2021年の予定ですが、既に公開前から楽しみな声が続々と集まっています。

ムーミンのファンだけでなく、過酷な状況下にありながらも、強い信念を持って生き抜いた彼女の生き方に刺激を受ける女性も多いようです。

早く映画館で見てみたい!と期待が高まります。

まとめ

今回は、TOVE/トーベのあらすじ・口コミについて調べてみました。

最後に主な気になる部分をまとめてみると、

・「ムーミン」の生みの親トーベ・ヤンソンの半生を描いた作品。

・第93回アカデミー賞国際長編映画賞フィンランド代表に選出された。

・トーベ・ヤンソンを演じるのは、アルマ・ポウスティ

以上となります。

今後さらに情報が解禁され次第追記したいと思います!

また、音楽を担当するマッティ・バイさんが制作に参加している映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」を無料で視聴する方法も紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。